妻にDV容疑も…阪神が守屋事件で露呈した変わらぬ大甘体質

公開日: 更新日:

「そんな理屈、今の時代には通用しませんよ」

 作家の吉川潮氏がこう憤る。

 阪神の中継ぎ右腕・守屋功輝投手(26)が、妻への傷害容疑で兵庫県警から書類送検された一件。吉川氏がその拙さを指摘するのは、阪神球団の対応である。

 23日発売の週刊文春が、2児の母である守屋の妻に対するDV、浮気について報じ、コトが露見した。その中身は、実にナマナマしいものだった。守屋に殴られたという腕には大きなアザがあり、さらに背後から殴られて転倒した際に頭を打ち付けた診断書もある。耐えかねた妻が出した被害届が受理され、書類送検に至った。

 守屋はホンダ鈴鹿から2014年ドラフト4位で入団。昨季は、中継ぎとして自己最多の57試合に登板した有望株だ。関西の放送関係者が解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る