履けば好記録という打ち出の小槌…厚底ナイキの故障リスク

公開日: 更新日:

 最大のメリットが体をむしばむことになるかもしれない。

■日本新記録の小椋も警告

 2日の香川・丸亀国際ハーフマラソンで日本新の1時間0分0秒で2位に入った小椋裕介(26)は、レースで今話題のナイキの厚底シューズを履いていた。小椋は昨年11月から使用しているシューズの恩恵を認めた上で、「骨盤回りに負担がある。けがのリスクが高い」とも言った。

 マラソンや駅伝選手の間で爆発的に普及しているナイキの「ヴェイパーフライ」シリーズは、靴底の厚さが36ミリもある。簡単に言えば、傾斜のある厚いソールに埋め込まれたカーボンプレートが高いクッション性と反発力を生み、それが推進力につながるといわれている。陸上界には「あれは履くドーピングだ」という声もあり、「世界陸連が規制をかけて東京五輪では使えなくなる」との噂が世界中を駆け巡った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

もっと見る