履けば好記録という打ち出の小槌…厚底ナイキの故障リスク

公開日: 更新日:

 最大のメリットが体をむしばむことになるかもしれない。

■日本新記録の小椋も警告

 2日の香川・丸亀国際ハーフマラソンで日本新の1時間0分0秒で2位に入った小椋裕介(26)は、レースで今話題のナイキの厚底シューズを履いていた。小椋は昨年11月から使用しているシューズの恩恵を認めた上で、「骨盤回りに負担がある。けがのリスクが高い」とも言った。

 マラソンや駅伝選手の間で爆発的に普及しているナイキの「ヴェイパーフライ」シリーズは、靴底の厚さが36ミリもある。簡単に言えば、傾斜のある厚いソールに埋め込まれたカーボンプレートが高いクッション性と反発力を生み、それが推進力につながるといわれている。陸上界には「あれは履くドーピングだ」という声もあり、「世界陸連が規制をかけて東京五輪では使えなくなる」との噂が世界中を駆け巡った。

 このシューズは市民ランナーにも愛用者が多いのだが、履いているすべての人の記録が伸びるわけではない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた