山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神は山本昌氏が…元スター選手による臨時コーチの問題点

公開日: 更新日:

 先日、元中日の山本昌氏が某テレビ番組の収録のために甲子園球場を訪問した。山本昌氏といえば、昨秋と今春の阪神キャンプで臨時投手コーチを務め、とりわけ藤浪晋太郎を熱心に指導する様子がニュースで伝えられていた。本人いわく臨時投手コーチの期間が終了してからも、各種動画で阪神投手陣の状態をチェックしているという。

 この臨時コーチというのは、これまでも多くの球団がしばしば導入してきた策であり、それ自体はとりたてて珍しいことではない。阪神も過去に大物OBの江夏豊氏や元広島の大野豊氏を臨時コーチとして招いたことがあったし、DeNAも今春のキャンプに元メジャーリーガーのオマー・ビスケル氏を招聘した。その人物がマスコミ受けする大物であればあるほどニュースなどをにぎわせて話題になるわけだから臨時コーチにはどこかキャンプに花を添えるイベント的な側面もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る