甲子園交流戦は高野連のアリバイ作り 夏大会できたのでは

公開日: 更新日:

 8月に甲子園でセンバツの“代替試合”をやるという。

 日本高野連が10日、理事会を開き、「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」を開催すると発表した。日程は8月10~12日、15~17日の計6日間。センバツに出場予定だった32校を甲子園に招待して行う。

 3年生をひとりでも多くという配慮から、ベンチ入りは例年の18人から2人増の20人。感染予防のため原則として前日と試合当日の最大2泊、近隣校は1泊もしくは日帰りを検討する。北海道と東北を除く関東以西の出場校は公共交通機関を利用せず、地元の貸し切りバス1台をチャーター。無観客開催になる。

 もっとも、行うのは各校1試合のみ。優勝校を決めるわけでもない。だから「交流試合」なのだろうが、果たして選手は満足するのか。

 出場校の多くは甲子園に出て当たり前、甲子園で勝つことを目指している強豪校。甲子園の土を踏んでよしとするのは一握りの学校だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  3. 3

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  4. 4

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  7. 7

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  8. 8

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  9. 9

    安藤優子も…フジ“聖域”なきリストラの裏の深刻台所事情

  10. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る