西武また開幕ダッシュ失敗…平静装う辻監督にOBが辛辣評価

公開日: 更新日:

 昨季のパ・リーグ王者が苦しんでいる。

 開幕15試合を終え、7勝7敗1分けの西武。前カードでは、ロッテに6タテを食らった最下位オリックスにも負け越した。

■2年連続の開幕ダッシュ失敗だが…

「去年の今の時期もこんなもんだったから」

 と、辻監督は平静を装うが、内心は別だろう。確かに、昨年も同じ開幕15試合で7勝8敗と出遅れたとはいえ、その内容は大きく異なる。

 昨季は大宮球場の1試合を含めホーム8試合、ビジター7試合。今季は15試合すべてがメットライフドームと、本拠地で苦戦している。チーム成績も昨季は15試合で86得点、69失点だったのが、今季は同68得点、73失点と悪化している。

 西武OBの評論家、山崎裕之氏が言う。

「数字に表れない部分でも不安が大きい。金子や木村といった外野手は球際に弱く、守備面のほころびが気になります。攻撃面では、状況判断ができない選手が多く、走者を出してもなかなか得点につながりません。昨季のチーム盗塁成功率はリーグトップの73・2%でしたが、今季は50%でワースト。機動力が生かせず、盗塁以外でも暴走が多い。つまり、野球が下手なんです。打線が爆発すれば細かな部分を気にしなくて済むのでしょうが、山川が打率・224、森も・255と主軸が苦しんでいる。とはいえ、今のメンバーでは打順もこれ以上はいじりようがない。今季は相当苦労すると思いますよ」

 昨季はオフにポイントゲッターの浅村が楽天に移籍。代わりの3番に秋山が入り、金子が1番を務めたものの、これがなかなか機能しなかった。最終的に秋山を1番に戻して安定したとはいえ、開幕15試合までに「2番秋山」を試すなど試行錯誤の連続だった。そんな中でも5割近く勝てていたのだ。

 今季はその秋山もメジャー移籍。練習試合で結果を出した新助っ人のスパンジェンバーグを1番に据え、スタメンをほぼ固定しながらも、ホームで結果につながらない。

 辻監督が「去年もこんなもん」と言っても、現状を見る限り、その言葉をうのみにはできない。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  8. 8

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  9. 9

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る