大阪女子マラほんまに開催? 吉村知事“鶴の一声”に警戒も

公開日: 更新日:

 ほんまにできるんか?

 日本陸連は、来年の大阪国際女子マラソンの開催を1月31日に決めたことを明らかにした。

 コロナ禍でのレースになるので、参加人数(例年約500人)を絞り、参加条件(マラソンは昨年の3時間10分以内から2時間50分以内)も厳しくなった。沿道応援についても自粛を呼びかけるそうだが、大会関係者がこう語る。

「来月6日の福岡国際も規模を縮小して行われる。この大会は先月、陸上の発展に貢献した大会や人物などを認定する世界陸上遺産に決まったばかり。主催の陸連や朝日新聞社も中止にするわけにはいかないでしょう。幸い福岡は今のところコロナの新規感染者数が低い数字で抑えられている(11日21人、累計5328人)。一方の大阪は10月下旬から感染者が再び急増。厳しい状況です。11日の新規感染は過去最多の256人(累計1万4376人)。吉村知事は『感染の第3波に入っているという認識』と述べ、警戒を強めている。今年の東京マラソンも応援は控えてくださいと言われていたのに、実際には7万人以上のファンが沿道に集まった。吉村知事のことです。大阪の感染者が激増する中での開催にはストップをかけることは十分に考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る