バッハ会長は“五輪組織委の牟田口中将”森会長に引導渡す?

公開日: 更新日:

 真意はどこにあるのか。IOC(国際オリンピック委員会)は11日、オンライン形式の理事会後に記者会見を開き、バッハ会長が15~18日の日程で訪日することを正式に明らかにした。

 新型コロナの感染拡大によって東京五輪が延期されて以降、バッハ会長が日本を訪れるのは初めて。会長を含むIOC関係者は事前に自主隔離し、移動は少人数でチャーター機を使うというのだが、「第3波」と言われる新型コロナによる感染拡大が続く最中の訪日は異例と言っていいだろう。

 とりわけ欧州は感染者が急増している。IOC本部があるスイスでも、1日当たりの感染者が1万人を突破し、感染者は計19万人を超えた。バッハ会長の訪日目的はあくまで、「東京五輪・パラリンピックの感染予防策について、大会組織委員会などと協議するため」としているが、額面通りに受け取る競技関係者はいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  9. 9

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る