先細り必至の「福岡国際マラソン」に元陸連幹部が緊急提言

公開日: 更新日:

「今年は話題性に乏しいですから……」

 大会関係者がこう漏らしているのが、6日号砲の福岡国際マラソンだ。今年はコロナ禍の影響で規模を大幅に縮小。エントリーした選手は昨年の約500人から97人に激減し、海外招待選手も参加しない。2年前は東京五輪の代表選考会となるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC=2019年9月)の出場権を懸けての争いで、服部勇馬(2時間7分27秒)が日本勢で14年ぶりとなる優勝。昨年もMGCファイナルチャレンジの男子第1戦として注目されたが、すでにマラソンの東京五輪代表は決まっている。今年の大会に注目するファンは少ない。

 1947年創設の今大会は、かつて「マラソンニッポン」を代表する国際レースだった。80年代のテレビ視聴率(当時の放送はNHK)は40%前後(世帯平均=ビデオリサーチ調べ)を誇り、瀬古利彦や中山竹通らが世界の強豪相手にトップでゴールするシーンに国民は沸いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る