武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

川内優輝をペースメーカーに…大阪国際女子マラソンの詭弁

公開日: 更新日:

 箱根駅伝で優勝した駒大・大八木弘明監督が、「男だろう!」と檄を飛ばして抗議された。性差別に相当するとのこと。女子選手に「女だろう!」と檄を飛ばしてもダメだろうか……が、そんな単純な話でもない。

 31日予定の大阪国際女子マラソンが、ペースメーカーに川内優輝と松村康平(ともに男子)を指名した。女子だけの大会というのも差別的だが、男子を使って女子の記録を作るとは、何とも面妖な時代である。

 1982年にスタートした大阪国際女子マラソンは今年40回の節目を迎える。女子マラソンが84年のロサンゼルス五輪から採用されることになって、東京国際女子マラソンが旗揚げされたのが79年。大阪の2年後には名古屋国際女子マラソン(現名古屋ウィメンズマラソン)も誕生した。

■海外はどれも男女混合

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  5. 5

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る