後藤逸郎
著者のコラム一覧
後藤逸郎ジャーナリスト

1965年生まれ。毎日新聞大阪経済部次長、東京本社特別報道グループ編集委員などを経て現職。著書に「オリンピック・マネー 誰も知らない東京五輪の裏側」(文春新書)。

都の感染対策の実情 11万人のボランティアにも感染リスク

公開日: 更新日:

 東京オリンピック・パラリンピック大会のおざなりな新型コロナウイルス感染対策は、訪日外国人や選手、スタッフ向けだけではない。ボランティアもまたリスクにさらされる。

 ボランティアは約11万人。内訳は組織委員会が募集した大会ボランティア約8万人、東京都が募集した都市ボランティア約3万人だ。このボランティアの感染対策で最大の欠陥は、外部との接触を断つ「バブル」が全くないことだ。

 米プロバスケットボール(NBA)や全豪オープンテニスなどで採用された「バブル」は、検査で陰性の選手や審判らを1カ所に完全隔離し、感染を防ぐ仕組み。

 国際オリンピック委員会(IOC)や組織委は、選手やスタッフを選手村に集め、不必要な外出を制限することで、感染対策と主張している。だが、毎日のPCR検査もないため、選手村は「バブル」もどきに過ぎない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る