権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

公開日: 更新日:

 阪神ドラフト1位、佐藤輝明が心配だ。

 成績のことではない。開幕から12試合で打率.163。セ・リーグワーストの21三振を喫しているが、これはむしろ評価に値する。

 三振の内訳を見ると空振りが18、見逃しが3。バットを振っている証拠だ。並の選手なら、結果を欲しがって当てにいくような打撃をしてもおかしくないところだが、そんな雰囲気がみじんもない。12球団最多の6本塁打を放ったオープン戦と同様、投手が風圧を感じるような迫力あるスイングをしている。これだけでも新人としては規格外。マウンド上の投手は、ちょっとでも甘いコースにいったら長打を打たれる、と怖さを感じるはずである。

 そんな佐藤輝を矢野監督は開幕9試合目にしてスタメンから外した。心配なのは、超有望新人を起用する阪神のこらえ性のなさの方である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る