権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

DeNAは助っ人全5人が来日未定…セ順位予想で3位とした根拠

公開日: 更新日:

 日刊スポーツ紙上で恒例の順位予想をした。

 参考までに記しておくと、セ・リーグは上から巨人阪神DeNA中日ヤクルト広島の順。パ・リーグはソフトバンク楽天西武オリックスロッテ日本ハムとした。たまたまだが、昨年は私のセの予想がすべて的中。今年もお願いします、などと期待されてしまったから困った。なにも、特別な秘訣があるわけではない。

 戦力バランスを除けば考えるのは2点だ。

 監督力と投手力。前者は采配能力や戦術というより、胆力があるかどうか。戦い方が一貫しなかったり、選手をコロコロ代えるような監督は買わない。ベンチがジタバタすると間違いなく選手に伝染し、チームが浮足立つ。ピンチで動じず、何事もないような顔をしてジッとしている指揮官ほど不気味でいい。

 投手力は特にリリーフ陣を見る。「今の野球は抑えで8割が決まる」が持論。ストッパーを加えたリリーフ陣の力量がペナントレースの行方を左右すると言っていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る