六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

山本アテネ五輪監督が率いたのは「谷間の世代」だった

公開日: 更新日:

サッカー日本五輪代表物語 #9

「アテネ(五輪)経由ドイツ(W杯)行き」

 2004年アテネ五輪のアジア予選を戦うに当たり、山本昌邦監督が掲げたキーワードだった。

 23歳以下(延期された東京五輪は24歳以下)という年齢制限のある五輪は通過点に過ぎず、選手としての「最終目標はW杯である」という指揮官のメッセージでもある。

 その山本監督が五輪代表を率いるようになったのは、2002年の日韓W杯が終わってからだった。

 日韓W杯ではトルシエ代表監督をコーチとして支え、日本をW杯初のベスト16に導いた。

 1996年アトランタ五輪でも、コーチとして28年ぶりの五輪出場に貢献。その後はU-20(20歳以下)代表監督として1997年のワールドユース(現U-20W杯)で当時最高位となるベスト8入りを果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  7. 7

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  8. 8

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  9. 9

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  10. 10

    福山雅治が9年ぶり「ガリレオ」シリーズに意気込む カリスマ復活なるか?

もっと見る