北京冬季五輪は選手コロナ感染でも失格にせず ロシア勢に「最も追い風が吹く」の根拠

公開日: 更新日:

 国際オリンピック委員会(IОC)は7日に理事会を開き、来年2月開幕の北京冬季五輪の競技規則を承認した。

 大会期間中、新型コロナウイルスに感染したり、濃厚接触者と特定された選手やチームが競技の欠場を強いられても失格としないことを決めた。

 これは今夏の東京五輪と同じ措置で、仮に決勝進出者の出場が不可能になっても銀メダルが授与される。繰り上がりで代表に招集された選手、チームが出場しても予定通り試合を実施する。

 先の東京大会では、サッカーハンドボール、ホッケー、7人制ラグビー、水球の5競技で選手登録者数を増やすなど、代替選手枠が認められた。

 北京大会でも特例が認められたことで最も得をするのは「ロシアからのオリンピック選手」だといわれる。同国では依然として未成年のコロナワクチン接種を容認していないため、アスリートの大半が未接種だという。表彰台独占が確実な女子フィギュアスケートの代表候補の多くは未成年だ。女子は誰が出場してもメダル獲得が有力視されるだけにロシア勢にとっては追い風となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

  2. 2
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  3. 3
    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

  4. 4
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  5. 5
    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

もっと見る

  1. 6
    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

  2. 7
    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

  3. 8
    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

  4. 9
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  5. 10
    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか

    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか