日本ハムの穴は“扇の要”捕手にあり…新庄監督がルーキー速水を積極起用する狙い

公開日: 更新日:

 日本ハム新庄剛志監督(50)が掲げる「守り勝つ野球」の最大の「穴」といえば捕手だろう。

 昨季、スタメンマスクをかぶったのは清水優心(25=81試合)、石川亮(26=40試合)、宇佐見真吾(28=18試合)、昨年限りで引退したバッテリーコーチ兼任の鶴岡慎也(40=4試合)の4人。試合中もたびたび捕手の交代が行われ、シーズンを通して任せられる捕手がいなかった。

 チームが許した盗塁数は12球団唯一の3ケタにして最多の123個。新庄監督がキャンプに5年連続盗塁王の赤星憲広氏(45)を招聘し、バッテリーへ盗塁防止策を伝授してもらったことからも、捕手を何とかしたいという意図が伝わってくる。

「正捕手候補の中で盗塁を刺せるのは清水くらい。肩も強いし、打撃を含めた能力値は他より上ですが……。清水を固定できない事情があったんです」と、球団OBはこう続ける。

「捕手向きの性格とは言い難いのです。たとえば、鶴岡は投手が打たれたときに『すまん、オレの責任だ』と全てを背負うので、投手から絶大な信頼を得ていた。ダルビッシュ(現パドレス)も登板するときは、わざわざ鶴岡を指名していたくらいです。そこへいくと、清水は『オレは悪くない』というような態度が顔にも出るし、普段の口ぶりにも表れてしまう。勢い、投手に敬遠されるようになる。実際、『清水とは組みたくない』という投手が何人かいるものだから、首脳陣も起用に困るのです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状