青木瀬令奈は4日間60台、通算14アンダーでV 好スコア続出の背景に主催者の思惑

公開日: 更新日:

【資生堂レディスオープン】最終日

 青木瀬令奈(29)が4日間とも60台で回り、通算14アンダーで優勝した最終日。黄アルム(34)が64のトーナメントコースレコードを更新し、4日間アンダーパーは58選手と好スコアラッシュに沸いた。同じ会場で行われた2005年日本女子オープンは20歳だった宮里藍が史上最年少優勝で大きな話題になったが、この時の優勝スコアはただ一人アンダーパーの5アンダーだった。

 同じゴルフ場で試合が行われ、どうしてスコアがこうも違うのか。

「スポンサーの意向で、ストロークコントロールはどうにでもできます」とツアー会場のセッティングに携わった関係者がこう解説する。

「グリーンにボールが着地した音でわかりますが、連日の高温でベント系の芝は元気がなくなり、軟らかくなっていました。コース側はコンパクションを硬く設定したといっても、ボールは止まりやすく、スムーズに転がり、一番スコアが出やすい。もうひとつ、ピン位置で難易度を落とすことも簡単です。ドローヒッターが多い女子プロの場合、例えばガードバンカー越えのグリーン右サイドで手前エッジから5、6ヤードのところにカップが切られるとチャンスにつけるのは難しい。最終日のピンシートを見たら、バーディーがたくさん出て、大会を盛り上げたい、という主催者の思惑がよく出ています」

 くるぶしまで隠れる長いラフも、刈る向きによって難しさが違う。グリーンに向かって順目なら、今のクラブは進化しており、芝の抵抗が少なくグリーンを狙うことができる。会場でのプレー経験があれば、「あんなに簡単なコースだったか?」と、不思議な気分になるはずだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質