選手の年俸は「NPBの育成くらいかな」…奮闘する新球団の選手事情まで丸裸!

公開日: 更新日:

 巨人広島で37年間、打撃コーチなどを務め、静岡県初のプロ野球の球団「くふうハヤテベンチャーズ静岡」で打撃アドバイザーとして奮闘する内田順三氏(76)。【前編】に続く今回はウエスタン・リーグで奮闘する新球団の選手事情などを聞いた。

 ──くふうハヤテから選手をNPB球団に送り込むのも重要な柱ですが、注目の選手は?

「巨人・増田大輝の弟、外野手の将馬(26)は、走攻守三拍子が揃ったいい選手です。巨人の兄とそっくりで俊足が武器。昨年まで四国アイランドリーグの徳島に2年間いて盗塁王になっている。強肩とシュアな打撃が持ち味で、兄よりパワーがある。打率も上位(.292=リーグ6位、8日現在)。フレッシュオールスターにも出るし、NPBでも通用するんじゃないかな」

 ──在籍している選手の特徴は?

「ほぼ全員が『NPBに行くんだ』と覚悟を持ってここに来ています。だから、私たちが何も言わなくても、みんなが残って自主練習をやる。打撃マシンは直球とカーブの2台しかないが、選手同士で投げ合ったりしながら打撃練習をやったり、全員が必死。NPBのファームよりハングリー精神はすごいですね」

 ──選手の年俸は1000万円を超える?

「いやいや、独立リーグの球団より高いかなというくらいで、おそらくNPBの育成選手の契約くらいじゃないですか(最低240万円)」

 ──苦労は?

「NPBの選手じゃないので、バットなどの用具も自腹でそろえないといけない。バットは1本数万円はする。選手の給料が安いので、私の古巣・カープと試合をする時は、コーチに頼んで使用済みのバットを譲ってもらっています。巨人にボールをもらったり、行く先々で寄付をしてもらっています。以前、巨人や広島のコーチをやっていた時、よく独立リーグの球団に頼まれました。足りないものが多いし、独立リーグに近い感覚です」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」