「老楽国家論」浜矩子著

公開日: 更新日:

■グローバル時代に国家が賢く老いるための提言

「みぞの鏡」というのがあるそうだ。ハリー・ポッター物語に出てくる魔法の鏡。そこに映るのは理想の自分、つまり「のぞみの姿」だ。鏡を見入ってうっとり見とれ、おのれを忘れて破滅する。そんな恐ろしい鏡。実はこれこそが現在の日本の姿にそのまま当てはまるのだという。著者はテレビその他のコメントでもおなじみの経済評論家。

 日本は一刻も早く「みぞの鏡」の前を離れ、ほんとの鏡に映る自己像を見いださないといけないと警告する。それは「豊かさの中の貧困問題」をかかえた社会。わけても深刻なのが安倍首相の「日本を取り戻す」というお得意のキャッチフレーズ。これは、昔日の勢いを取り戻したいという意味だからだ。しかしグローバル時代には「取り戻す」べきものはない。国境が事実上無化された時代にGNP(国民総生産)を問うのは無意味。「国民経済」という発想は第2次大戦前の時代に確立され、世界を経済ブロック化し、戦争にも至った。いまのグローバル時代に同じ行動原理をとればSTATE(国家)が生き残ってNATION(国民)が苦しむことになるのだ、と警告する。国家が賢く老いるための提言。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る

人気キーワード