「老楽国家論」浜矩子著

公開日:  更新日:

■グローバル時代に国家が賢く老いるための提言

「みぞの鏡」というのがあるそうだ。ハリー・ポッター物語に出てくる魔法の鏡。そこに映るのは理想の自分、つまり「のぞみの姿」だ。鏡を見入ってうっとり見とれ、おのれを忘れて破滅する。そんな恐ろしい鏡。実はこれこそが現在の日本の姿にそのまま当てはまるのだという。著者はテレビその他のコメントでもおなじみの経済評論家。

 日本は一刻も早く「みぞの鏡」の前を離れ、ほんとの鏡に映る自己像を見いださないといけないと警告する。それは「豊かさの中の貧困問題」をかかえた社会。わけても深刻なのが安倍首相の「日本を取り戻す」というお得意のキャッチフレーズ。これは、昔日の勢いを取り戻したいという意味だからだ。しかしグローバル時代には「取り戻す」べきものはない。国境が事実上無化された時代にGNP(国民総生産)を問うのは無意味。「国民経済」という発想は第2次大戦前の時代に確立され、世界を経済ブロック化し、戦争にも至った。いまのグローバル時代に同じ行動原理をとればSTATE(国家)が生き残ってNATION(国民)が苦しむことになるのだ、と警告する。国家が賢く老いるための提言。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る