• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「殺したい蕎麦屋」椎名誠著

■殺意すら感じる蕎麦屋!?

 何とも物騒な書名だが、著者いわく、その店を出るときに出入り口の引き戸を後ろ足で閉めたくなる程度の「殺意」らしい。殺意を感じるその理由は、蕎麦の量だ。ある有名蕎麦屋では、入店したときにBGMにビバルディの「四季」が流れているのを聞き「ひそやかな殺意のきざし」を感じ、出てきた「せいろ」はどうみても20本くらいしかのっておらず、3本分で駅の蕎麦が食べられると憤慨する。その他、モンゴルやパラグアイなど旅先で出合った犬たちのことをつづった「さらば愛しき犬たちよ」やアラスカでのアザラシの生肉やカナダでのイッカク(クジラ)などについて語る「辺境の食卓」などを収めた写真付きエッセー集。(新潮社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る