「殺したい蕎麦屋」椎名誠著

公開日: 更新日:

■殺意すら感じる蕎麦屋!?

 何とも物騒な書名だが、著者いわく、その店を出るときに出入り口の引き戸を後ろ足で閉めたくなる程度の「殺意」らしい。殺意を感じるその理由は、蕎麦の量だ。ある有名蕎麦屋では、入店したときにBGMにビバルディの「四季」が流れているのを聞き「ひそやかな殺意のきざし」を感じ、出てきた「せいろ」はどうみても20本くらいしかのっておらず、3本分で駅の蕎麦が食べられると憤慨する。その他、モンゴルやパラグアイなど旅先で出合った犬たちのことをつづった「さらば愛しき犬たちよ」やアラスカでのアザラシの生肉やカナダでのイッカク(クジラ)などについて語る「辺境の食卓」などを収めた写真付きエッセー集。(新潮社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る