「殺したい蕎麦屋」椎名誠著

公開日: 更新日:

■殺意すら感じる蕎麦屋!?

 何とも物騒な書名だが、著者いわく、その店を出るときに出入り口の引き戸を後ろ足で閉めたくなる程度の「殺意」らしい。殺意を感じるその理由は、蕎麦の量だ。ある有名蕎麦屋では、入店したときにBGMにビバルディの「四季」が流れているのを聞き「ひそやかな殺意のきざし」を感じ、出てきた「せいろ」はどうみても20本くらいしかのっておらず、3本分で駅の蕎麦が食べられると憤慨する。その他、モンゴルやパラグアイなど旅先で出合った犬たちのことをつづった「さらば愛しき犬たちよ」やアラスカでのアザラシの生肉やカナダでのイッカク(クジラ)などについて語る「辺境の食卓」などを収めた写真付きエッセー集。(新潮社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る