• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「失われた名前」マリーナ・チャップマン著、宝木多万紀訳

■サルと共に生きた少女の真実

 ジャングルでサルの群れに交じって幼年期を過ごした著者が、その数奇な人生を語ったノンフィクション。

 おそらく1950年ごろ、コロンビアで生まれたと思われる著者は、4~5歳のときに誘拐され、森の奥深くに捨てられる。生きるためにサルの群れに交じり、彼らの行動を真似て命をつないだ彼女は、やがて四つん這いで歩行するようになり、人間の言葉もすっかり忘れてしまう。3、4年後、出会ったハンターと森を出た彼女だが、彼らが連れていってくれたのは売春宿だった……。

 ストリートチルドレンやマフィア一家の下での生活など死と隣り合わせの日々をくぐり抜け、自ら人生を切り開いた感動の物語。
(駒草出版 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る