「失われた名前」マリーナ・チャップマン著、宝木多万紀訳

公開日: 更新日:

■サルと共に生きた少女の真実

 ジャングルでサルの群れに交じって幼年期を過ごした著者が、その数奇な人生を語ったノンフィクション。

 おそらく1950年ごろ、コロンビアで生まれたと思われる著者は、4~5歳のときに誘拐され、森の奥深くに捨てられる。生きるためにサルの群れに交じり、彼らの行動を真似て命をつないだ彼女は、やがて四つん這いで歩行するようになり、人間の言葉もすっかり忘れてしまう。3、4年後、出会ったハンターと森を出た彼女だが、彼らが連れていってくれたのは売春宿だった……。

 ストリートチルドレンやマフィア一家の下での生活など死と隣り合わせの日々をくぐり抜け、自ら人生を切り開いた感動の物語。
(駒草出版 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  5. 5

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  9. 9

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

  10. 10

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

もっと見る