「失われた名前」マリーナ・チャップマン著、宝木多万紀訳

公開日: 更新日:

■サルと共に生きた少女の真実

 ジャングルでサルの群れに交じって幼年期を過ごした著者が、その数奇な人生を語ったノンフィクション。

 おそらく1950年ごろ、コロンビアで生まれたと思われる著者は、4~5歳のときに誘拐され、森の奥深くに捨てられる。生きるためにサルの群れに交じり、彼らの行動を真似て命をつないだ彼女は、やがて四つん這いで歩行するようになり、人間の言葉もすっかり忘れてしまう。3、4年後、出会ったハンターと森を出た彼女だが、彼らが連れていってくれたのは売春宿だった……。

 ストリートチルドレンやマフィア一家の下での生活など死と隣り合わせの日々をくぐり抜け、自ら人生を切り開いた感動の物語。
(駒草出版 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  3. 3

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  4. 4

    ハワイ新婚旅行で事務所から自粛要請 約束破れば全体責任

  5. 5

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  6. 6

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  7. 7

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  8. 8

    命運尽きた安倍首相 逮捕か総辞職か野垂れ死にか

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    NHKドラマで復活 東出昌大が復帰に動き出せた3つの理由

もっと見る