「デキる大人の振る舞い大全」なるほど倶楽部編

公開日: 更新日:

■知っているようで知らない「作法」の事典

 葬儀やお別れの会の通知に「ご厚志お断りします」とあった場合、もっとも適切な態度はどれだろう。(1)供物や供花は贈らず香典だけを持参、(2)供物あるいは供花だけを贈り香典も持参、(3)供物も供花も贈らず香典も持参しない。

 正解は、(3)。気が引けるかも知れないが、ご厚志辞退は故人の遺志である場合が多く、先方の希望を尊重するのが正しいという。なるほど倶楽部編「デキる大人の振る舞い大全」(KADOKAWA 1000円)には、正しい敬語や日常での振る舞い、冠婚葬祭の常識など、日本人なら知っておくべき作法についてまとめられている。

 ビジネスシーンでは、丁寧なようで微妙に失礼な言葉が使われていることが多い。例えば、「厚くお詫び申し上げます」。“厚く”とは、お礼など良いことに対して使う言葉であるため、お詫びや反省などマイナスの言葉には使えない。正しいのは、“深く”か“心から”を付けることだ。上司に向かって「私もそちら方面に参りますのでご一緒しましょう」。一見、問題ないようだが、“ご一緒しましょう”は同格の人に対して使う言葉で、上司に言う場合は「お供させてください」が正しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る