「とことん!とんかつ道」今柊二著

公開日:  更新日:

■読めば必ずとんかつが食べたくなる!

 今柊二著「とことん!とんかつ道」(中央公論新社 1000円)には、とんかつの発祥から全国のうまいとんかつ店まで、とにかくとんかつのすべてがつづられている。いわゆるグルメガイドとは違い、老舗からチェーン店まで、気分や懐具合に合わせて選べる店が網羅されているのもうれしい。“とんかつ”の発祥は、定かではないという。しかし本書では、食文化研究家である小菅桂子女史の著書を採用し、元宮内庁大膳部の島田信二郎氏が開いた上野の「ぽん多」(現在の「ぽん多 本家」)で、明治38年に提供されたものが最初であろうと分析している。

 とんかつ発祥の地ともいえる上野でも老舗と呼べるのが、「井泉」だ。著者おすすめはロース定食1250円。まずは味噌汁をすすって心と胃を落ち着けたら、酸味のあるソースとからしをつけた軽やかかつ軟らかいカツをひと口ほおばる。さすが老舗、ご飯自体もうまく、カツ2切れであっという間に平らげてしまうほど。ご飯はおかわり自由で、満足すること請け合いだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る