• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「とことん!とんかつ道」今柊二著

■読めば必ずとんかつが食べたくなる!

 今柊二著「とことん!とんかつ道」(中央公論新社 1000円)には、とんかつの発祥から全国のうまいとんかつ店まで、とにかくとんかつのすべてがつづられている。いわゆるグルメガイドとは違い、老舗からチェーン店まで、気分や懐具合に合わせて選べる店が網羅されているのもうれしい。“とんかつ”の発祥は、定かではないという。しかし本書では、食文化研究家である小菅桂子女史の著書を採用し、元宮内庁大膳部の島田信二郎氏が開いた上野の「ぽん多」(現在の「ぽん多 本家」)で、明治38年に提供されたものが最初であろうと分析している。

 とんかつ発祥の地ともいえる上野でも老舗と呼べるのが、「井泉」だ。著者おすすめはロース定食1250円。まずは味噌汁をすすって心と胃を落ち着けたら、酸味のあるソースとからしをつけた軽やかかつ軟らかいカツをひと口ほおばる。さすが老舗、ご飯自体もうまく、カツ2切れであっという間に平らげてしまうほど。ご飯はおかわり自由で、満足すること請け合いだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る