• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「物語 ビルマの歴史」根本敬著

■多民族国家ビルマの実像

 最後の新興市場として注目が集まるビルマ(ミャンマー)の通史。

 現在の多数派であるビルマ民族がエイヤーワディ川流域に現れたのは9世紀以降で、11世紀半ばに最初の統一王朝が築かれる。王国は19世紀まで続いたが、1886年、ビルマ全土が英国領インドに併合されてしまう。この英国植民地時代に現在の国民国家としてのビルマの基盤がつくられたという。その後の日本軍による占領期、戦後の独立、国軍のクーデターによるビルマ式社会主義の時代、1988年には民主化運動を封じ込めて軍事政権が発足、そして2011年の民政移管後の現在に至るまで。知られざる多民族・多言語・多宗教国家の歩みを概観する。
(中央公論新社 1000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る