「物語 ビルマの歴史」根本敬著

公開日: 更新日:

■多民族国家ビルマの実像

 最後の新興市場として注目が集まるビルマ(ミャンマー)の通史。

 現在の多数派であるビルマ民族がエイヤーワディ川流域に現れたのは9世紀以降で、11世紀半ばに最初の統一王朝が築かれる。王国は19世紀まで続いたが、1886年、ビルマ全土が英国領インドに併合されてしまう。この英国植民地時代に現在の国民国家としてのビルマの基盤がつくられたという。その後の日本軍による占領期、戦後の独立、国軍のクーデターによるビルマ式社会主義の時代、1988年には民主化運動を封じ込めて軍事政権が発足、そして2011年の民政移管後の現在に至るまで。知られざる多民族・多言語・多宗教国家の歩みを概観する。
(中央公論新社 1000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  6. 6

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る