『「新富裕層」が日本を滅ぼす』森永卓郎監修、武田知弘著

公開日:  更新日:

■「無税国債」の発行を提案

 本当に消費税増税は必要なのか、日本経済の知られざる現実を解説した経済テキスト。実は、日本の個人金融資産はバブル崩壊以降に400兆円も上積みされ、億万長者が10年前の3倍以上になっていると指摘。その背景にあるのは相続税と高額所得者の減税だ。一方で企業は人件費を20%近くカットし、内部留保を100兆円以上増やし日本経済に悪影響を与えてきた。世界的に見て低いという日本の消費税が実は世界一高いことを明らかにし、富裕層への課税を提言。相続税がかからない代わりに持てば毎年減っていくマイナス金利の「無税国債」の発行を提案する。
(中央公論新社 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る