「小さな異邦人」連城三紀彦著

公開日: 更新日:

■誘拐ミステリーを収録する最後の短編集

 中学3年の一代の家に奇妙な電話がかかってきた。電話の主は子供を誘拐したから3000万を用意しろという。しかし、父亡き後、母親が昼も夜も働いて育てる8人の子供は誰一人欠けていなかった。そんなことよりも、1カ月前から調子が悪い一代の関心事は、放課後に受診した検査の結果だ。高橋センセイによると脳腫瘍の疑いがあるから精密検査が必要だという。母親がショックを受けるのを心配した一代は、病気が判明したら信頼する音楽の教師・広木先生に相談してほしいと頼む。いたずらか、人違いかと思っていた誘拐犯からの電話は、翌日もかかってきた。(表題作)

 昨秋、亡くなった著者の最後の短編集。
(文藝春秋 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る