「小さな異邦人」連城三紀彦著

公開日: 更新日:

■誘拐ミステリーを収録する最後の短編集

 中学3年の一代の家に奇妙な電話がかかってきた。電話の主は子供を誘拐したから3000万を用意しろという。しかし、父亡き後、母親が昼も夜も働いて育てる8人の子供は誰一人欠けていなかった。そんなことよりも、1カ月前から調子が悪い一代の関心事は、放課後に受診した検査の結果だ。高橋センセイによると脳腫瘍の疑いがあるから精密検査が必要だという。母親がショックを受けるのを心配した一代は、病気が判明したら信頼する音楽の教師・広木先生に相談してほしいと頼む。いたずらか、人違いかと思っていた誘拐犯からの電話は、翌日もかかってきた。(表題作)

 昨秋、亡くなった著者の最後の短編集。
(文藝春秋 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る

人気キーワード