「伊東正義」国正武重氏

公開日: 更新日:

 1989年、リクルート事件で竹下登首相が退陣に追い込まれると、後継首相として伊東正義総務会長(当時)に白羽の矢が立った。しかし、伊東は「表紙だけ変えてもダメ」と拒絶する。総理の椅子を蹴ったのは後にも先にも、この人ぐらいだろう。その生きざまに迫ったのが本書だ。著者は伊東に最も信頼されていた元朝日新聞記者である。

「伊東さんは官房長官、外相を務め、ポスト竹下に推された政治家なのに、清貧の人でした。東京・世田谷の私邸は50坪ほどで、赤茶けたサビだらけのトタン屋根の家。会津若松の自宅事務所も同様です。閣僚時代も政治資金パーティーを一切開かず、金のかからない、かけない政治を貫いたのです」

 だからこそ、リクルート事件のときに、自民党はこの人を表紙にして、ごまかそうとしたわけだが、説得に失敗し、その後、自民党は転落する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る