「蟻の菜園」柚月裕子著

公開日: 更新日:

 連続不審死事件の容疑者として名前が浮上した美貌の結婚詐欺師・円藤冬香。複数の男性と親しく交際し、多額の金を振り込ませた形跡があったため、結婚詐欺の末に殺害した疑いをかけられたが、冬香には完璧なアリバイがあった。

 そんな冬香に興味を持ったのが、フリーライターの今林由美。異性に不自由しそうにない美貌を持つ、いくらでも幸福を掴めそうな女が、なぜ結婚詐欺に手を染めたのか。彼女の生い立ちを追ううち、思ってもみなかった冬香の不幸な子供時代が見えてくる。冬香の隠された過去と事件の真相を結ぶ接点は、果たして見つかるのか…。

 第7回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し「臨床真理」でデビューした著者の最新作。不可解な事件を追いかける主人公のフリーライターが、容疑者に関する断片的な証言を少しずつ集めて、事件の真相に近づいていく。社会の中で追い詰められ、犯罪者へと変貌していく容疑者の人生が悲しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る