• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「中国食品工場のブラックホール」福島香織著

 今夏、日本にまでその影響が波及した米国食品会社上海現地法人による賞味期限切れ肉使用事件。この事件の背景に迫りながら、近年、厳しい法律と欧米から導入した管理システムで日本以上といわれる中国の食品工場が抱える闇を探るリポート。

 問題発覚の発端となった報道番組を検証しながら、不自然にも見えるこの潜入取材が可能になった理由を推測。さらに、現政権の意向を重視したテレビ局による外資バッシング報道の一環である可能性を解説する。その他、記憶に新しい毒ギョーザ事件など、過去の中国食品事件も取り上げながら、中国で食品安全問題が後を絶たないのはなぜか、その真相に迫る。

(扶桑社 760円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る