「認知症予防のための簡単レッスン20」伊藤隼也著

公開日: 更新日:

 日本では65歳以上の4人に1人が予備群といわれる認知症。いまだ根本治療薬がないのが恐ろしいところだが、日本をはじめ世界各国で認知症予防の研究が進められ、大きな成果を上げる例も増えてきた。

 本書では、日々の生活の中で実践できる、20の予防法を解説している。いま認知症予防の世界でもっとも注目されているのが「デュアルタスク」だ。運動と同時に思考や記憶の呼び出しを行うことで、脳の活性を高める効果が非常に高いという。

 これを実践できるのが「なつメロ体操」。若い頃から慣れ親しんだ流行歌を流し、歌いながら、手や足を動かして踊るというものだ。実際にやってみるとなかなか難しいが、脳がフル回転しているのが分かり、効果を実感できるだろう。

(文藝春秋 750円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

  10. 10

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

もっと見る

人気キーワード