「血圧を測るだけ!!で長生きする38の理由」渡辺尚彦著

公開日: 更新日:

 東京女子医大東医療センター内科准教授の著者は、87年8月から現在まで連続携帯血圧計を装着し、ずっと24時間血圧を測定し続けている。そんな“血圧の専門家”が、血圧を測ることの重要性と効果を解説する。

 自宅にある家庭用血圧計で朝晩血圧をチェックして結果を記録する「血圧レコーディング」を続けるだけで、心筋梗塞、脳卒中、がんなどのリスクが減り、認知症や寝たきりも予防。自律神経のコントロールやダイエットにも効果があるという。血圧は上がったり下がったりを繰り返し、心と体の「波」をありのままに反映する。そのため、長く測り続けるにしたがって、自分の調子の「波」が上がったり下がったりするパターンが見えてくる。そうした自分の傾向に気づくことで日々の生活行動をコントロールできるようになり、病気の予防や健康効果をもたらすのだ。

 さっそく、自宅でホコリをかぶっている血圧計を引っ張り出し、有効活用しよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る

人気キーワード