「血圧を測るだけ!!で長生きする38の理由」渡辺尚彦著

公開日:  更新日:

 東京女子医大東医療センター内科准教授の著者は、87年8月から現在まで連続携帯血圧計を装着し、ずっと24時間血圧を測定し続けている。そんな“血圧の専門家”が、血圧を測ることの重要性と効果を解説する。

 自宅にある家庭用血圧計で朝晩血圧をチェックして結果を記録する「血圧レコーディング」を続けるだけで、心筋梗塞、脳卒中、がんなどのリスクが減り、認知症や寝たきりも予防。自律神経のコントロールやダイエットにも効果があるという。血圧は上がったり下がったりを繰り返し、心と体の「波」をありのままに反映する。そのため、長く測り続けるにしたがって、自分の調子の「波」が上がったり下がったりするパターンが見えてくる。そうした自分の傾向に気づくことで日々の生活行動をコントロールできるようになり、病気の予防や健康効果をもたらすのだ。

 さっそく、自宅でホコリをかぶっている血圧計を引っ張り出し、有効活用しよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る