「沖縄ハーブ健康法」安田未知子著

公開日:  更新日:

 沖縄で老人介護施設を運営する著者は、83歳という高齢ながら髪は黒々として白髪なし。1日の睡眠は3時間で、ボランティア活動なども精力的に行っている。しかし、30~50代の間はリウマチやがんのほか、さまざまな病気に苦しめられたという。そんな著者が自身の健康を取り戻すきっかけをつくったのが、沖縄のハーブだ。

 別名を長寿草というサクナは、カロテンやビタミンCが豊富。沖縄では煮込み料理に用いられるという。その名の通り強い苦味が特徴のニガナは、ビタミンA、Cとカルシウムがたっぷり。風邪予防に効くハーブだ。

 本書では、ハンダマ、フーチバー、クワンソウなど沖縄のさまざまなハーブ、料理法などを紹介。これらは、全国の沖縄アンテナショップで購入できるそうだ。(WAVE出版 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る