「沖縄ハーブ健康法」安田未知子著

公開日: 更新日:

 沖縄で老人介護施設を運営する著者は、83歳という高齢ながら髪は黒々として白髪なし。1日の睡眠は3時間で、ボランティア活動なども精力的に行っている。しかし、30~50代の間はリウマチやがんのほか、さまざまな病気に苦しめられたという。そんな著者が自身の健康を取り戻すきっかけをつくったのが、沖縄のハーブだ。

 別名を長寿草というサクナは、カロテンやビタミンCが豊富。沖縄では煮込み料理に用いられるという。その名の通り強い苦味が特徴のニガナは、ビタミンA、Cとカルシウムがたっぷり。風邪予防に効くハーブだ。

 本書では、ハンダマ、フーチバー、クワンソウなど沖縄のさまざまなハーブ、料理法などを紹介。これらは、全国の沖縄アンテナショップで購入できるそうだ。(WAVE出版 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  3. 3

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    虎オーナー補強封印で…矢野監督に“糸井&福留切り”の大役

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  9. 9

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  10. 10

    「引退危機」の声も… 阪神・藤浪に今オフメジャー挑戦案

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る