「病気にならない『白湯』健康法」蓮村誠著

公開日:  更新日:

 免疫力を高め、ダイエット効果もあるという“最強の飲み物”白湯のパワーを紹介する本書。1日3杯以上飲むだけで病気を寄せつけない体が手に入るのは、白湯に胃腸を温めて消化力を高め、自律神経やホルモンバランスを整える効果があるためだという。お茶やコーヒーなど余分な成分が入った飲み物や、冷たい水にはない効果だ。

 まず、起床直後に150㏄の白湯を5~10分かけて飲む。朝一番の白湯は老廃物を押し出し、胃腸をきれいに掃除するのに役立つという。1日3度の食事の際も白湯がオススメ。数口食べたら白湯をひと口すするのを繰り返すことで、消化が促進される。

 胃腸の働きが高まることで、冷え症から痛風まで、さまざまな症状の改善が期待できるという。

(PHP研究所 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る