「病気にならない『白湯』健康法」蓮村誠著

公開日:  更新日:

 免疫力を高め、ダイエット効果もあるという“最強の飲み物”白湯のパワーを紹介する本書。1日3杯以上飲むだけで病気を寄せつけない体が手に入るのは、白湯に胃腸を温めて消化力を高め、自律神経やホルモンバランスを整える効果があるためだという。お茶やコーヒーなど余分な成分が入った飲み物や、冷たい水にはない効果だ。

 まず、起床直後に150㏄の白湯を5~10分かけて飲む。朝一番の白湯は老廃物を押し出し、胃腸をきれいに掃除するのに役立つという。1日3度の食事の際も白湯がオススメ。数口食べたら白湯をひと口すするのを繰り返すことで、消化が促進される。

 胃腸の働きが高まることで、冷え症から痛風まで、さまざまな症状の改善が期待できるという。

(PHP研究所 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る