• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「病気にならない『白湯』健康法」蓮村誠著

 免疫力を高め、ダイエット効果もあるという“最強の飲み物”白湯のパワーを紹介する本書。1日3杯以上飲むだけで病気を寄せつけない体が手に入るのは、白湯に胃腸を温めて消化力を高め、自律神経やホルモンバランスを整える効果があるためだという。お茶やコーヒーなど余分な成分が入った飲み物や、冷たい水にはない効果だ。

 まず、起床直後に150㏄の白湯を5~10分かけて飲む。朝一番の白湯は老廃物を押し出し、胃腸をきれいに掃除するのに役立つという。1日3度の食事の際も白湯がオススメ。数口食べたら白湯をひと口すするのを繰り返すことで、消化が促進される。

 胃腸の働きが高まることで、冷え症から痛風まで、さまざまな症状の改善が期待できるという。

(PHP研究所 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る