「認知症と生きるということ」岩田誠著

公開日:  更新日:

 脳神経学研究の第一人者である著者は、認知症は症状が起きてしまったら治る病気ではないため、いかに受け入れるかが大切だと説いている。実は認知症の症状は、周囲が否定したり正そうとさえしなければ、多くの場合で治まるのだという。
 特徴的な症状のひとつに、財布を盗まれたと騒ぐなどの被害妄想がある。認知症では、記憶の形成ができなくなることでさまざまな勘違いが起こり、これが妄想という形で表れてしまう。ならば、大切なものは必ず目に見える場所に置いて、なくなったと勘違いさせないようにすればよい。
 また、過剰な安静や孤独によって脳が“遊んだ状態”になると勘違いが起きやすくなるため、常に話しかけたり体に触れたりすることで、妄想は治まってくるそうだ。(日本評論社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る