• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「認知症と生きるということ」岩田誠著

 脳神経学研究の第一人者である著者は、認知症は症状が起きてしまったら治る病気ではないため、いかに受け入れるかが大切だと説いている。実は認知症の症状は、周囲が否定したり正そうとさえしなければ、多くの場合で治まるのだという。
 特徴的な症状のひとつに、財布を盗まれたと騒ぐなどの被害妄想がある。認知症では、記憶の形成ができなくなることでさまざまな勘違いが起こり、これが妄想という形で表れてしまう。ならば、大切なものは必ず目に見える場所に置いて、なくなったと勘違いさせないようにすればよい。
 また、過剰な安静や孤独によって脳が“遊んだ状態”になると勘違いが起きやすくなるため、常に話しかけたり体に触れたりすることで、妄想は治まってくるそうだ。(日本評論社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

もっと見る