• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人間ドックの9割は間違い」牧田善二著

 毎年、人間ドックを欠かさないという人は多いだろう。しかし一方で、日本人の多くががんで死亡しているのはなぜなのか。糖尿病専門医である著者は、「人間ドックのほとんどの検査には意味がないためだ」と一刀両断する。

 例えば、胃のバリウム検査。これで怪しいところが見つかれば胃カメラ検査を行う、という流れを当たり前のように感じている人がほとんどだ。しかし、粘膜の変色のみで凹凸を生じない早期の胃がんや食道がんは、バリウム検査では見つけることができない。また、大腸がんの早期では出血しないケースがほとんどのため、便潜血検査は役に立たない。

 むしろ、これらの検査を行うことで安心してしまい、がんを放置し悪化させる要因にもなりかねないと本書は警告している。(幻冬舎 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る