• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『悪い脂が消える体』のつくり方」吉川敏一著

 健康のために野菜中心の生活にしているという人がいる。だが、トリプトファン、リジン、メチオニンなどの必須アミノ酸は、タンパク質を取らないと不足しがちになる。また、肉類のタンパク質は、大豆などの植物性タンパク質よりも効率的に吸収されることが分かっている。

 肉類は健康に悪いというのは大間違いで、肉類の脂が体内で酸化して“悪い脂”にならないようにすればいいだけの話であると本書。脂の酸化を防ぐには、抗酸化力を高める成長ホルモンの分泌を促すのがオススメ。方法としては、ジョギングやウオーキングなどの適度な有酸素運動がいい。

 また、コショウ、ワサビ、ショウガなどのスパイシーな食材も抗酸化力が高いため、毎日の食事に上手に取り入れたい。(講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る