「『悪い脂が消える体』のつくり方」吉川敏一著

公開日:  更新日:

 健康のために野菜中心の生活にしているという人がいる。だが、トリプトファン、リジン、メチオニンなどの必須アミノ酸は、タンパク質を取らないと不足しがちになる。また、肉類のタンパク質は、大豆などの植物性タンパク質よりも効率的に吸収されることが分かっている。

 肉類は健康に悪いというのは大間違いで、肉類の脂が体内で酸化して“悪い脂”にならないようにすればいいだけの話であると本書。脂の酸化を防ぐには、抗酸化力を高める成長ホルモンの分泌を促すのがオススメ。方法としては、ジョギングやウオーキングなどの適度な有酸素運動がいい。

 また、コショウ、ワサビ、ショウガなどのスパイシーな食材も抗酸化力が高いため、毎日の食事に上手に取り入れたい。(講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る