• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「本当は怖い食べ物の賞味期限」愛食舎監修

 ペットボトルの水やお茶を飲むとき、注ぎ口に直接口をつけて飲んでいる人がほとんどだろう。しかし、実は気温15~30度では、わずか2時間で雑菌が繁殖し、飲用に適さない状態になるという。本書では、開封後や使いかけのさまざまな食品について、その「リミット」を明らかにしていく。

 例えば、大きめのパックに入ったプレーンヨーグルト。未開封であれば賞味期限は15日ほどあるが、開封後は2~3日しか持たない。調味料ではマヨネーズ、ケチャップ、ポン酢などは、開封後は冷蔵で1カ月がリミット。とくに短いのが麺つゆで、開封後は1~2週間で劣化が進む。使うときに光に透かして見て、濁っていたり泡が出ている場合は使用しない方がよいという。

 ツナ缶やサバ缶などは、開けてしまえば生の食品と同じ。冷蔵でも1日が限度だ。(宝島社 990円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る