• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「本当は怖い食べ物の賞味期限」愛食舎監修

 ペットボトルの水やお茶を飲むとき、注ぎ口に直接口をつけて飲んでいる人がほとんどだろう。しかし、実は気温15~30度では、わずか2時間で雑菌が繁殖し、飲用に適さない状態になるという。本書では、開封後や使いかけのさまざまな食品について、その「リミット」を明らかにしていく。

 例えば、大きめのパックに入ったプレーンヨーグルト。未開封であれば賞味期限は15日ほどあるが、開封後は2~3日しか持たない。調味料ではマヨネーズ、ケチャップ、ポン酢などは、開封後は冷蔵で1カ月がリミット。とくに短いのが麺つゆで、開封後は1~2週間で劣化が進む。使うときに光に透かして見て、濁っていたり泡が出ている場合は使用しない方がよいという。

 ツナ缶やサバ缶などは、開けてしまえば生の食品と同じ。冷蔵でも1日が限度だ。(宝島社 990円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る