「アホウドリを追った日本人」平岡昭利著

公開日:  更新日:

 鎖国から解放された明治以降の日本人は、続々と太平洋に乗り出し、遠く北西ハワイ諸島や昨今ニュースで話題の南シナ海のスプラトリー諸島にまで進出した。沖縄本島の東にある南大東島には、なぜか八丈島から2000キロもの航海を経て移住した。なぜ彼らは南の島々を目指したのかを、アホウドリとの関係から解き明かしたリポート。

 明治期、日本は鳥類の輸出大国だった。中でもアホウドリは容易に捕獲でき珍重された。いち早くその価値に気づき、伊豆諸島最南端の鳥島での捕獲事業で巨万の富を得た玉置半右衛門など、一獲千金を夢見て島々に渡った男たちの足跡をたどりながら、知られざる日本の近代史を解き明かす。(岩波書店 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る