• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「科学の危機」金森修著

 私的利権など意に介さず、ひたすら真理追究に努力し、国家や宗教、権力に決然と立ち向かう孤高の自由人こそが科学者である――。

 そうした「科学の古典的規範」は19世紀、実証主義思想を確立したオーギュスト・コントや、科学と国家の関係などを論じたエルネスト・ルナンらの科学観によって完成した。

 しかし、戦時下の原爆の研究など、20世紀に入ると、科学研究と国家の関係などが早くも変質してくる。

 本書は古典的規範から逸脱しそうになる科学を批判的な視点から指摘してきた唐木順三、宇井純、高木仁三郎らの功績などを紹介しながら、「科学の科学性」を維持するためにどうすべきかを論じる。(集英社 760円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る