「科学の危機」金森修著

公開日:  更新日:

 私的利権など意に介さず、ひたすら真理追究に努力し、国家や宗教、権力に決然と立ち向かう孤高の自由人こそが科学者である――。

 そうした「科学の古典的規範」は19世紀、実証主義思想を確立したオーギュスト・コントや、科学と国家の関係などを論じたエルネスト・ルナンらの科学観によって完成した。

 しかし、戦時下の原爆の研究など、20世紀に入ると、科学研究と国家の関係などが早くも変質してくる。

 本書は古典的規範から逸脱しそうになる科学を批判的な視点から指摘してきた唐木順三、宇井純、高木仁三郎らの功績などを紹介しながら、「科学の科学性」を維持するためにどうすべきかを論じる。(集英社 760円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る