• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「科学の危機」金森修著

 私的利権など意に介さず、ひたすら真理追究に努力し、国家や宗教、権力に決然と立ち向かう孤高の自由人こそが科学者である――。

 そうした「科学の古典的規範」は19世紀、実証主義思想を確立したオーギュスト・コントや、科学と国家の関係などを論じたエルネスト・ルナンらの科学観によって完成した。

 しかし、戦時下の原爆の研究など、20世紀に入ると、科学研究と国家の関係などが早くも変質してくる。

 本書は古典的規範から逸脱しそうになる科学を批判的な視点から指摘してきた唐木順三、宇井純、高木仁三郎らの功績などを紹介しながら、「科学の科学性」を維持するためにどうすべきかを論じる。(集英社 760円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る