「ドクター徳田安春の養生訓」徳田安春著

公開日:  更新日:

 生まれ育った沖縄で医師となり、“世界一の長寿集団”といわれてきた沖縄県民の健康変化をリアルタイムで目撃してきた著者が、健康長寿を実現するためのヒントを伝授する。

 高齢になっても寝たきりにならずに過ごすためには、筋肉量を増やすことが大切だ。基礎代謝が増えて肥満になりにくくなるばかりではなく、歩行中に転倒しにくくなり、歩行速度も速くなって血行も良くなる。筋肉量を増やすには、室内でも手軽にできるダンベル運動を、週に3回程度行うのがお勧め。ダンベルの重さは男性なら1キロ、女性なら750グラムが適している。

 他にも、クッションを3つ使って姿勢をキープするうつぶせ寝健康法、前立腺がんの予防につながる大豆食品のすすめ、笑いの効能なども紹介する。(西村書店 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る