「腸が寿命を決める」澤田幸男、神矢丈児著

公開日:  更新日:

 腸に大きな負担をかけてさまざまな疾患の原因をつくるのが、肉類をたっぷりと使った欧米型の食事であると著者は説く。

 動物性タンパク質は悪玉菌の格好のエサであるため、肉類を食べ過ぎると発がん性のあるものも含めた有毒物質が腸内で大量に作られることになる。血管内に入り込み血液によって運ばれた有毒物質は、免疫細胞によって攻撃される。しかしこのとき、全身で小さな炎症反応が起こるため、インスリン抵抗性が高まって糖尿病になりやすくなるという。

 また、バターや生クリームなどの乳製品を取り過ぎると、脂肪が小腸のリンパ管を経由して血液に流入し、脂質異常症や動脈硬化のリスクを高めることにもなる。人間の免疫の80%を担うといわれる腸の健康を改めて見直してみたい。

(集英社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る