• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「腸が寿命を決める」澤田幸男、神矢丈児著

 腸に大きな負担をかけてさまざまな疾患の原因をつくるのが、肉類をたっぷりと使った欧米型の食事であると著者は説く。

 動物性タンパク質は悪玉菌の格好のエサであるため、肉類を食べ過ぎると発がん性のあるものも含めた有毒物質が腸内で大量に作られることになる。血管内に入り込み血液によって運ばれた有毒物質は、免疫細胞によって攻撃される。しかしこのとき、全身で小さな炎症反応が起こるため、インスリン抵抗性が高まって糖尿病になりやすくなるという。

 また、バターや生クリームなどの乳製品を取り過ぎると、脂肪が小腸のリンパ管を経由して血液に流入し、脂質異常症や動脈硬化のリスクを高めることにもなる。人間の免疫の80%を担うといわれる腸の健康を改めて見直してみたい。

(集英社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る