「腸が寿命を決める」澤田幸男、神矢丈児著

公開日:  更新日:

 腸に大きな負担をかけてさまざまな疾患の原因をつくるのが、肉類をたっぷりと使った欧米型の食事であると著者は説く。

 動物性タンパク質は悪玉菌の格好のエサであるため、肉類を食べ過ぎると発がん性のあるものも含めた有毒物質が腸内で大量に作られることになる。血管内に入り込み血液によって運ばれた有毒物質は、免疫細胞によって攻撃される。しかしこのとき、全身で小さな炎症反応が起こるため、インスリン抵抗性が高まって糖尿病になりやすくなるという。

 また、バターや生クリームなどの乳製品を取り過ぎると、脂肪が小腸のリンパ管を経由して血液に流入し、脂質異常症や動脈硬化のリスクを高めることにもなる。人間の免疫の80%を担うといわれる腸の健康を改めて見直してみたい。

(集英社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る