「老いの作法」菊池和子著

公開日:  更新日:

 現在81歳の著者は元体育教師で、健康に直結する動き方を追求した「きくち体操」の創設者。本書は“コロッと死ぬ”ために自身が日々していることを紹介する「老い支度」の手引だ。

 例えば、少しずつでも体を動かして筋力を維持すること。70~80代になると体の衰えは急速に進み、「できないこと」が増えて心も衰えてくる。しかし、筋肉を鍛えながら根性で「できないこと」を減らす努力をしていると、気力が満ちて“死ぬまで元気”が可能になる。

 一方、宝石や洋服、食器類など、高価だからとしまっておいたものはどんどん使うようにするのがオススメだという。物への執着心をなくすことは死と向き合うことにもつながり、納得して死を迎えることに役立つはずだ。(宝島社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る