「老いの作法」菊池和子著

公開日: 更新日:

 現在81歳の著者は元体育教師で、健康に直結する動き方を追求した「きくち体操」の創設者。本書は“コロッと死ぬ”ために自身が日々していることを紹介する「老い支度」の手引だ。

 例えば、少しずつでも体を動かして筋力を維持すること。70~80代になると体の衰えは急速に進み、「できないこと」が増えて心も衰えてくる。しかし、筋肉を鍛えながら根性で「できないこと」を減らす努力をしていると、気力が満ちて“死ぬまで元気”が可能になる。

 一方、宝石や洋服、食器類など、高価だからとしまっておいたものはどんどん使うようにするのがオススメだという。物への執着心をなくすことは死と向き合うことにもつながり、納得して死を迎えることに役立つはずだ。(宝島社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  8. 8

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

  9. 9

    “令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

  10. 10

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る