「日本酒をまいにち飲んで健康になる」滝澤行雄著

公開日: 更新日:

 古来「酒は百薬の長」といわれてきた。近年、これに医学的な裏付けを与える研究結果が報告されている。

 例えば、日本人の飲酒者にはがん死亡率が低いという大規模疫学研究がある。

 厚生労働省が2万人を対象に行った研究では、2日に1合の飲酒者の場合、非飲酒者に比べてがん死亡リスクが半減していることが明らかになったという。

 酒にもいろいろあるが、本書が勧めるのは日本酒。発酵食品でもある日本酒にはアミノ酸やビタミン、有機酸など120種以上の栄養成分が含まれ、心臓病や認知症を予防する生体調節作用があることが明らかになっている。

 また、アレルギー改善や放射線防護などにも効果が期待できるという。健康のためにも、毎日、日本酒を飲んでみては?(キクロス出版 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る