「心の病、初めが肝心」水野雅文著

公開日:  更新日:

 日本における精神疾患の生涯有病率はおよそ25%。つまり4人に1人が人生で1度は心の病にかかる計算になる。本書では、抗うつ薬が必要な本格的な病になる前に、早期に症状を改善するためのマニュアルを紹介。

 例えば、この1週間で寝つきが悪くなったり、朝の目覚めがいつもより早すぎることが続いていたら要注意。精神疾患の早期症状の代表は「睡眠障害」だからだ。これを放置しているとうつ症状が悪化する恐れがあるのだが、だからといってすぐに睡眠薬に頼ると依存性が高くなる。まずは寝室に静かな音楽を流したりアイマスクを使うなど、睡眠環境を変えることから試してみるといい。

 他にも、過食、物忘れの増加、読書に集中できない、緊張しやすくなったなど、心の病の早期症状と改善法を解説していく。

(朝日新聞出版 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る