「心の病、初めが肝心」水野雅文著

公開日:  更新日:

 日本における精神疾患の生涯有病率はおよそ25%。つまり4人に1人が人生で1度は心の病にかかる計算になる。本書では、抗うつ薬が必要な本格的な病になる前に、早期に症状を改善するためのマニュアルを紹介。

 例えば、この1週間で寝つきが悪くなったり、朝の目覚めがいつもより早すぎることが続いていたら要注意。精神疾患の早期症状の代表は「睡眠障害」だからだ。これを放置しているとうつ症状が悪化する恐れがあるのだが、だからといってすぐに睡眠薬に頼ると依存性が高くなる。まずは寝室に静かな音楽を流したりアイマスクを使うなど、睡眠環境を変えることから試してみるといい。

 他にも、過食、物忘れの増加、読書に集中できない、緊張しやすくなったなど、心の病の早期症状と改善法を解説していく。

(朝日新聞出版 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る