• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「50歳からの 驚異の熟眠法」藤本憲幸著

 若い頃は何時間でも熟睡できたという人でも、年を取ると眠りが短く、浅くなってくるもの。これは、眠りを誘発するホルモンであるメラトニンの分泌量が低下するためだ。しかし、生活習慣のちょっとした工夫で、若い頃のような熟睡を取り戻すことも可能だという。

 例えば、運動不足を解消すること。エネルギーが余った状態で眠ると、これを放出するために何度も寝返りをうつことになり、熟睡が妨げられる。運動は適度なウオーキング程度で十分だが、足の親指に力を入れて歩くことで、効率よくエネルギーを消費できるそうだ。また、寝付きをよくするには体を温めるのがいい。ふくらはぎなどの皮膚を引っ張り上げてからパッと離す「足つまみマッサージ」がお勧めだ。

(三笠書房 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る