「50歳からの 驚異の熟眠法」藤本憲幸著

公開日:  更新日:

 若い頃は何時間でも熟睡できたという人でも、年を取ると眠りが短く、浅くなってくるもの。これは、眠りを誘発するホルモンであるメラトニンの分泌量が低下するためだ。しかし、生活習慣のちょっとした工夫で、若い頃のような熟睡を取り戻すことも可能だという。

 例えば、運動不足を解消すること。エネルギーが余った状態で眠ると、これを放出するために何度も寝返りをうつことになり、熟睡が妨げられる。運動は適度なウオーキング程度で十分だが、足の親指に力を入れて歩くことで、効率よくエネルギーを消費できるそうだ。また、寝付きをよくするには体を温めるのがいい。ふくらはぎなどの皮膚を引っ張り上げてからパッと離す「足つまみマッサージ」がお勧めだ。

(三笠書房 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る