「間違いだらけの糖尿病食」堺研二著

公開日: 更新日:

 糖尿病治療で一般的に行われている食事療法は、総カロリーを制限する方法。脂肪分を減らして味気ないものになる一方、炭水化物はしっかりと含まれている。

 3大栄養素の中で唯一血糖値を上げるのは炭水化物だ。これが制限されない従来の食事療法には意味がなく、前時代のパラダイムにほかならないと、医師である著者は一刀両断する。

 日経メディカルオンラインの会員医師に対するアンケートでは、糖質制限を支持しないと答えた医師がおよそ4割で、長期的に安全というエビデンス(証拠)がないという理由が多く挙げられていた。しかし、実際には心疾患リスクが減少するなど、すでに多くのエビデンスが出ている。医師任せにせず、患者自身も食事療法について学ぶ必要がありそうだ。(現代書林 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る

人気キーワード