• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「にっぽんフクシマ原発劇場」八木澤高明著

 児童労働、内戦、売春、エイズ、貧困などをテーマに、アジア諸国や国内を回ってきた著者が、前代未聞の原発事故現場となった福島に飛び込んで生々しい現実を写真と文章で切り取った衝撃のルポ。

 帰還困難地域となった浪江町で酪農を営んでいた夫婦との出会いをきっかけに、住人たちの自殺や事故死や病死、ペットや家畜動物の野生化、作業員で賑わう歓楽街、故郷の喪失を再確認する一時帰宅、元原発作業員の告白など、福島で今起きている修羅場の扉をためらうことなく次々と開けていく。

 社会のためではなく自身の「自分の目で見たい」という衝動に突き動かされて飛び込んだ福島には、何代にもわたって山野を切り開き、土地を耕し、人々が少しずつ積み重ねてきた歴史と生活を一瞬にして葬ってしまった原発事故の暴力性があった。事故から4年が過ぎ、すでに「記憶の半減期」ともいわれる昨今、本書の生々しい証言とモノクロの写真が伝えてくれるものは大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る