• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「長いお別れ」中島京子著

 中学校の校長や図書館館長を勤め上げ、悠々自適の老後を送っていた東昇平(ひがししょうへい)は、ある日同窓会に行こうとして家を出たものの途中で目的を忘れ家に戻ってきた。

 異変を感じた妻・曜子は、昇平をものわすれ外来に連れて行き、初期のアルツハイマー型認知症が発覚。それから3年、曜子は昇平の誕生日会を口実に、サンフランシスコ在住の長女の茉莉、子育て中の次女の菜奈、フードコーディネーターで独身の三女・芙美に同時に招集をかける。そこで3姉妹が見た父親の日常は、ただの記憶違いの域を越えた、遊園地での迷子、雑紙のコレクション、時々奇跡的に成立する会話、消える入れ歯など、まるで喜劇のような予測不能な出来事に満ちていた……。

 家族への愛着を残したまま記憶だけを少しずつ失い死へと向かっていく「長いお別れ」のような病気、認知症。そんな病を患った父親と家族の10年間の愛と奮闘の物語を、温かな目線で丁寧に描いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る