「伊勢神宮の智恵」河合真如著 宮澤正明写真

公開日:  更新日:

 2000年の歴史をもつ伊勢神宮。20年に一度、神殿を新造して神々をうつす式年遷宮をはじめ、年間1500回を超える祭りや神事の根幹には「常に若々しくある」という「常若の思想」がある。

 パリ市街に匹敵する巨大な森に、内宮・外宮を合わせて125の社が立つ神宮の建物や祭事を美しい写真で紹介しながら、そこに脈打つ自然との共生や循環社会のための知恵を紹介するビジュアル文庫。内宮・外宮の柱は、20年後に宇治橋の内外の鳥居となり、さらに「鈴鹿の関の追分」などの鳥居へとリサイクルされていく。神宮禰宜である著者は、こうした神宮の「共生循環思想」に「文明のモデルとなりうる知恵とシステムがある」と説く。(小学館 900円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る