「伊勢神宮の智恵」河合真如著 宮澤正明写真

公開日:  更新日:

 2000年の歴史をもつ伊勢神宮。20年に一度、神殿を新造して神々をうつす式年遷宮をはじめ、年間1500回を超える祭りや神事の根幹には「常に若々しくある」という「常若の思想」がある。

 パリ市街に匹敵する巨大な森に、内宮・外宮を合わせて125の社が立つ神宮の建物や祭事を美しい写真で紹介しながら、そこに脈打つ自然との共生や循環社会のための知恵を紹介するビジュアル文庫。内宮・外宮の柱は、20年後に宇治橋の内外の鳥居となり、さらに「鈴鹿の関の追分」などの鳥居へとリサイクルされていく。神宮禰宜である著者は、こうした神宮の「共生循環思想」に「文明のモデルとなりうる知恵とシステムがある」と説く。(小学館 900円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る