• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ぼくらの身体修行論」内田樹、平尾剛著

 武道家の顔も持つ内田氏と、元ラグビー日本代表の平尾氏の対談集。それぞれの立場、経験から人間の潜在的な身体能力を開発するにはどうしたらよいかを論じ合う。

 内田氏によると、イギリスのパブリックスクールの必修科目だったラグビーには身体的コミュニケーション能力の開発という目的があったという。それは、学生たちが支配階級になったときに求められる能力だったからだ。その他、平尾氏が試合中に右腕を骨折したが、30分以上も痛みを感じなかったという体験などを紹介しながら語る身体と痛みの関係や、スポーツの根性主義の危険性など。豊富な話題を織り交ぜながら、学校教育やスポーツが見落としている人間の身体的資源に注目する。

(朝日新聞出版 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る