「ぼくらの身体修行論」内田樹、平尾剛著

公開日: 更新日:

 武道家の顔も持つ内田氏と、元ラグビー日本代表の平尾氏の対談集。それぞれの立場、経験から人間の潜在的な身体能力を開発するにはどうしたらよいかを論じ合う。

 内田氏によると、イギリスのパブリックスクールの必修科目だったラグビーには身体的コミュニケーション能力の開発という目的があったという。それは、学生たちが支配階級になったときに求められる能力だったからだ。その他、平尾氏が試合中に右腕を骨折したが、30分以上も痛みを感じなかったという体験などを紹介しながら語る身体と痛みの関係や、スポーツの根性主義の危険性など。豊富な話題を織り交ぜながら、学校教育やスポーツが見落としている人間の身体的資源に注目する。

(朝日新聞出版 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  3. 3

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  4. 4

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  7. 7

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る