• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ぼくらの身体修行論」内田樹、平尾剛著

 武道家の顔も持つ内田氏と、元ラグビー日本代表の平尾氏の対談集。それぞれの立場、経験から人間の潜在的な身体能力を開発するにはどうしたらよいかを論じ合う。

 内田氏によると、イギリスのパブリックスクールの必修科目だったラグビーには身体的コミュニケーション能力の開発という目的があったという。それは、学生たちが支配階級になったときに求められる能力だったからだ。その他、平尾氏が試合中に右腕を骨折したが、30分以上も痛みを感じなかったという体験などを紹介しながら語る身体と痛みの関係や、スポーツの根性主義の危険性など。豊富な話題を織り交ぜながら、学校教育やスポーツが見落としている人間の身体的資源に注目する。

(朝日新聞出版 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る