「ぼくらの身体修行論」内田樹、平尾剛著

公開日:  更新日:

 武道家の顔も持つ内田氏と、元ラグビー日本代表の平尾氏の対談集。それぞれの立場、経験から人間の潜在的な身体能力を開発するにはどうしたらよいかを論じ合う。

 内田氏によると、イギリスのパブリックスクールの必修科目だったラグビーには身体的コミュニケーション能力の開発という目的があったという。それは、学生たちが支配階級になったときに求められる能力だったからだ。その他、平尾氏が試合中に右腕を骨折したが、30分以上も痛みを感じなかったという体験などを紹介しながら語る身体と痛みの関係や、スポーツの根性主義の危険性など。豊富な話題を織り交ぜながら、学校教育やスポーツが見落としている人間の身体的資源に注目する。

(朝日新聞出版 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る