• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「段取りの“段”はどこの“段”?」 荒田雅之、大和ハウス工業総合技術研究所著

 縄張り、縁を切る、叩き上げ、間尺に合わない、堂に入る、てこ入れ……これらに共通するのは、いずれも住まいに関わる言葉だということ。普段は気づかないが、住まいや建築関係に由来する言葉は案外に多い。本書は、51の住まいに関わる言葉を取り上げて、「その意味や語源、使われ方の変遷を追い、時に蘊蓄を傾け、専門的知識も網羅した」もの。

 タイトルにある「段取り」も建築用語で、傾斜地に石段を造成するときに、坂の勾配を見て、石段を何段に設定するかの寸法取りを「段を取る」といったことに由来し、その石段の出来、不出来を評価するに際して「段取りが良い、悪い」というようになったのだという。同様に、「棚上げ」の「棚」、「几帳面」の「面」、「羽目をはずす」の「羽目」、「埒があかない」の「埒」などがもともとは何を指すのか、そしてなぜ現在使われているような意味になったのかが解き明かされる。まさに「目から鱗」の蘊蓄が満載。これに倣って、乗り物、食べ物、動物などに関わる身近な言葉に潜んでいるナゾを探ってみるのも一興。(新潮社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る