「段取りの“段”はどこの“段”?」 荒田雅之、大和ハウス工業総合技術研究所著

公開日:  更新日:

 縄張り、縁を切る、叩き上げ、間尺に合わない、堂に入る、てこ入れ……これらに共通するのは、いずれも住まいに関わる言葉だということ。普段は気づかないが、住まいや建築関係に由来する言葉は案外に多い。本書は、51の住まいに関わる言葉を取り上げて、「その意味や語源、使われ方の変遷を追い、時に蘊蓄を傾け、専門的知識も網羅した」もの。

 タイトルにある「段取り」も建築用語で、傾斜地に石段を造成するときに、坂の勾配を見て、石段を何段に設定するかの寸法取りを「段を取る」といったことに由来し、その石段の出来、不出来を評価するに際して「段取りが良い、悪い」というようになったのだという。同様に、「棚上げ」の「棚」、「几帳面」の「面」、「羽目をはずす」の「羽目」、「埒があかない」の「埒」などがもともとは何を指すのか、そしてなぜ現在使われているような意味になったのかが解き明かされる。まさに「目から鱗」の蘊蓄が満載。これに倣って、乗り物、食べ物、動物などに関わる身近な言葉に潜んでいるナゾを探ってみるのも一興。(新潮社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る